2017-10

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2010.01.07 - Thu  |  HBKとヒットマンが和解!! |

今から12年前の事。
アメリカのプロレス団体、WWF(現WWE)では2人のスーパースターを中心にドロドロの抗争劇が展開されていました。
カナダ出身のレスラー、ヒットマンことブレット・ハート(当時40才)と、テキサス州出身のHBKことショーン・マイケルズ(当時32才)。

Read More »

| 2010.01.04 - Mon  |  『龍馬伝』観てみました |

「今度の大河に高知の未来がかかってるんですよ~!
 1月3日『龍馬伝』、ぜひ観て下さい!」

…と高知県出身のバイト後輩に言われ続けたため、『秀吉』以来ろくに観たことがなかったNHK大河を初めて初回から観てみました(じゅ、14年ぶりだと…@@;)。



福山版龍馬にはやはり「ええええ!」っとなった一人なのですが、そこは偏見持たずに観てみようと。
で、開始5分…香川照之の岩崎弥太郎に涙、涙でした…;;
上手いよこの人~龍馬への愛憎半ばする思いをこめた台詞にしてやられ…最後まで観きってしまいました。
ヒロスエ曰く、香川さんは出演者の中で最も土佐弁が上手いらしいのですが、地元の方はどう感じられたのだろう。
とりあえず、他府県民からみても福山雅治の訛りは…し、進化に期待!
子役のコが福山にソックリで可愛かった。子供は反則だよね…無条件に泣ける。。

全体的に、まだまだ始まったばかり!という感じで、福山龍馬もまだしっくり定まっていないように感じられました。
「日本人の憧れの龍馬像」ならこれまで何度となく描かれてきたと思うのですが、今の時代に求められる龍馬をどう創り上げるのか、そこのところに注目して観てみようかなと思います。
…リアルタイムでドラマを追う習慣がないので、普通に忘れそうですが^^;

龍馬といえば、毎回号泣必死なのはこっちの竜馬↓



小山ゆうの原作(あ、武田鉄矢か)も涙なしにはみられないのよ…

ちなみに、生まれて初めてマンガの登場人物を模写したのは小山ゆうの乙女姉さんでした~





龍馬で検索してたらとてつもなく懐かしいのみっけた。。



修羅の刻!!の、外伝!!!
主人公は龍馬ではありません^^;
『修羅の刻』シリーズは月刊マガジンに連載されてた(る?)格闘漫画なのですが、この『風雷幕末編』と続く『アメリカ西部編』が兎に角大好きでして…!『源義経編』からよまなくなっちゃったのですが。
アニメ化されてたとは知らなんだ~

| 2010.01.01 - Fri  |  あけまして |

おめでとうございます!
大晦日から3日まで、最も正月らしさを味わえる場所でバイトしてます。
しかし冷えます。。開いた窓の外に舞い散る雪を眺めながら朱印を押したりお札売ったりするのは…手先が…足の裏が…し・ぬ;;
さぶさぶいいながら座ってたら、神主さんに

「でも神職の学校なんて寒中吉野川で泳いでたからなあ。女の子は失神しとったで」

ひい…!!
手水に触るのも遠慮したいこの寒気…やあ、修行の身にはそうなれるもんじゃあないですね^^;
明日こそは貼れるホッカイロを足袋の裏に貼ってやる…!!

で、行く年来るとしをみたあとの初詣もバイト先の神社でした。
おみくじは末吉でした~
転居よし!よかったー
方角は東北…鬼門だけど大丈夫なの?
願い事かなうも反省せよ…一日に三回己れを顧みれば何事も成就するといわれました。
謙虚にいきます、はい。

唯一みたかった正月特番、『はじめてのおつかい』を観てさんざん泣いたので心地よく寝れそうですw

| 2009.12.31 - Thu  |  激寒… |

大晦日になってようやく冬っぽくなってくれたのはいいけどさ…気温差ありすぎ!!
たぶん昨日とか低くても10度かそこらでしょ~いきなり1桁&大風&雪って;;

夕方、巫女バイト終盤からちらほらと雪。
シフト交代で入るコは今相当寒いと思います…大丈夫かなあ><;
初詣、意識があればちょっと顔出してこようかな。

年が明ける前に2009年のcomic★strip!!!総括など。

まあ今年も激動の年でした。
まず、京都にやってきた際の予定どおり半年で免許取得。
あ、この間府庁に個人申請してきましたが、取りこぼしもなく無事取得できました!
が…肝心の採用試験には落ち…その代わり、待つこともなくさっと近場で講師の口が見つかり。
初めてのおこちゃまたち&インフル猛威でえらいこっちゃな数ヶ月でしたが、素晴らしい経験をさせてもらいました。
タイミングには恵まれてるなあ、とつくづく感謝です。

それから、マイバースデイの日にマイケルの突然の死。
本当だったら、来年2月はロンドンに行くべく必死で貯金してたはずなのに。
(その貯金で来月引っ越します…)
どーんと落ち込みつつも、天才クリエーターとしての彼が残してくれた様々な可能性に触れながら、エネルギーをもらってます。会えてよかったよマイケル!ありがとう!!

あと、アメプロ。WWE。
忘れていたあの感動をもう一度…というわけで、レッスルマニア25あたりからハマるハマる。
タイミングよくやってきた久々の日本公演も、迷った挙句緊急参加したっけ。
キャスティングにぶーぶーいいつつも、いざ生で観戦したらまあ楽しかったこと!!
直後にジェフが引退してしまったこともあり、観に行って本当によかったな~っと思いました。
そしてリッキー・スティムボートとジェリコの試合に涙。
年を経る厳しさ…それでも譲れないもの…漢の意地を垣間見せてもらいました。

最も最近のRAWでは何とまさかのブレッド・ハート特別出演が決定した模様…それをビンス&ショーン・マイケルズがアピールするとは!テイカー様の引退と絡んで、レッスルマニア26から目が離せません><;
ああ、現地観戦したかった…今渡こそ、流石に引退しちゃうかなHBK…さ、寂しすぎるっ!!!;;

その他…あ、フィギュアスケート。
プルしぇん子、いやプルシェンコまさかの大復活!!
3月までまだまだプヨってたのに、全日本と同日に行われた国内大会(で、タラソワがこなかったという^^;)でのスリムな姿…むしろちょっとやつれて心配だったじょ。
FP100点越えでぶっちぎり1位だったようですが、靭帯がまた危ない状況で痛み止めを打ちながらの皇帝スケーティングだったそうです。
動画でみる限りだと、相変わらずジャンプは4ー3をいとも簡単にクルクルと、変態ステップも相変わらず…でニヤついてしまうわけですが…が。
正直なところ、プログラムの構成としてはイマイチでした!><;
いつもながらの変曲もとい編曲…過去の自分の記事をみてみても、どうもマートン編曲があまり好みじゃないみたい自分。
確かに凄い、凄いんだけど、そう簡単に金は取れない…と自身で釘を刺しているように、オリンピックはまったく予測不可能です!兎に角、楽しみなことはすっごい楽しみだ!!

で、今シーズン珠色のプログラムだと思うのは、高橋選手のFP『道』だったりします。
元来高橋選手はあまり、いやほとんどスキじゃなかったのですが(汗
一度挫折を味わってから這い上がってきた彼の表現力に乾杯。
私自身はそこまで観きれてないのですが、実はジャンプにかなり粗があるそうなので、あと二ヶ月、怪我せず完成させてほしいと思います。
殿のチャップリンメドレーもキャラにぴったり合ってて素敵でした。
エキシビで『smile』マイケルverを聞けたのはうれしかったなあ。
こづこづのユニクロ衣装…じゃなくて、清潔感あふれるクリアな演技も凄くワクワクします。

ワクワクとハラハラが常にMAXといえばやっぱりまおまお。
全日本で披露した『鐘』には度肝を抜かれました。
正直ね、似合ってないと思ってたの。チャイコ→ラフマニノフのこってりロシアンな組み合わせは。
しかし…天才の判断は予想の斜め上をゆく…思った以上の出来栄えにびっくりしました。
これも完成体が凄く楽しみです。正直、金とかどうでもいいし。
進化と希望を併せ持つ、観ていてワクワクする演技、それが浅田真央という選手の演技だと思います。

はあ、それにつけても中野ゆかりんのオリンピック落選いと悲し…勝負の世界は厳しいものとはいえ、切ないです。
でも上り調子の鈴木選手、安定感のミキティの演技も素晴らしかったよね。
四大陸大会には出場するんだし…もっともっと彼女の演技が観たいと願うファンの一人です。


さて、心機一転、ということで、来月末には引っ越します。
新しい環境で、また一から頑張ろうと思います。
1年間、当ブログ(&某サイト)をご覧いただいた皆様、本当にありがとうございました!!
来年もどうぞ宜しくお願いします♪

| 2009.12.31 - Thu  |  年末ですね~ |

冬休みに入ってから完全に朝昼がひっくりかえっております…
昨夜も1時からジョニデの『リバティーン』を鑑賞。



ジョニデの作品って『ギルバート・グレイプ』とパイレーツオブ一連、チャリチョコしか観たことがなかったのです。改めて、正統派イケメン俳優であることを思い知らされました^^

主人公は16世紀イギリス、王政復古後のチャールズ2世の時代に実在した時代の寵児、ロチェスター伯爵。天才詩人として王に寵愛されながらもこの世の全ての道徳観に反逆せざるを得ない男が、国王に追放され、放蕩の果てに梅毒に冒され、ボロボロになって死んでゆくまでの物語。
色気と狂気の相まった、でもそれを過剰にアピールするでもない、ナチュラルな演技だと思いました。
ナチュラル…物語自体は全然そんなわけない、むしろ下品で陰鬱なんですけれども…私にとっては、精神的に落ち込むこともなく、さら~っと観ることができました。
主人公含め登場人物全員が抑えめでアクがない演技…特に国王役のマルコビッチ最高。
もっと仰々しく、派手にコッテリ演出することもできた作品だと思いますが、時代背景や芸術性?にあまりこだわることなく、主人公が堕ちていく中に見せる人間臭い小ささ、繊細さだけを掬い取ったところが「いいなあ」っと。

…で、その夜夢にロチェスター伯が出てきましたとさ…梅毒verで^^;


ああ、年末ですね~
今年も去年に引き続き、年末年始は神社で巫女さんやってます☆
帰るのにオカネかかるのと、来月は引越しだもんね…珍しく貯金してるのにすぐ空っぽになってしまう;;
引越し準備がてらの年末掃除ですが、お風呂場だけは間に合わなかった。。明日、神社行く前に仕上げたいな~

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。