2017-07

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2009.12.28 - Mon  |  孔雀、鶏、そして兎。 |

冬の風にさらされながら、彼らの小屋を掃除し、餌を与えてきました。
孔雀はインド産なのに、よもや京都の底冷えを味わうハメになるとはなあ…
オスの尾っぽの羽が、1ヶ月前にはごっそり抜け落ちていたのに少しずつまた生えてきている。
「生野菜よこせ」って顔をしていたが、あいにく給食室はコドモたちが来るまで閉鎖中なので、乾燥飼料だけで我慢してもらうしかない。
が、餌を取り替えた瞬間はさっと近寄ってきたものの、「なんだ飼料かよ」って感じでそっぽを向かれた。
それにしても、日本の小学校ではいつ頃から孔雀を飼出したんだろうか。
実家の周辺の密林では昔、学校から脱走した野良孔雀が鶏共のボスになってて夜とか近寄るのが怖かったものだ。
あいつらはスキあらば逃げようとたくらむし、なかなか愛着を感じにくいトリである。

鶏は相変わらず食欲旺盛だ。
もはやピヨピヨの域を越え、コッコ~っと鳴きながら執拗に餌をねだる。
孔雀が見向きもしない餌を狙い、入れようとする私の手に飛びかかってくるので、ついうっかり
「はっさもう、このガチマヤ(食いしん坊)!」
っと島言葉(しかも母方の)が出てしまうのであった…そんでもって低い金網で頭を強打(泣)
頼むから、せっかく掃除したのに餌箱をひっくり返さないでくれ~;;

兎は二匹で体を寄せ合い、震えながら日向ぼっこをしていた。
彼らも「にんじん!キャベツ!」って顔で足元に跳んできたが、すまんな…冬休み開けるまではペレットだけで我慢しておくれ。

ついでにうちのかめこは、餌を与えずケースの周りを布で覆うこと3週間。
ちっとも冬眠の気配なし。
ただじっとレンガの上に横たわり、足をだらんとさせて瞑想している。
私もそんな省エネ生活ができれば地球にやさしく生きてゆけるのかな~^^;
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/962-04acb6a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ことごとく失敗した日 «  | BLOG TOP |  » 日曜日でしたそういえば。

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。