2017-09

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2005.08.23 - Tue  |  ありがとう。 |

ごちゃごちゃにこんがらがった未来予想図。

眠れない蒸し暑い夜、乱れ飛ぶ思考に惑わされないよう、

無意識と意識の間をゆらゆらと漂っておりました。。[:月:]



こんばんは、mekeです(^^)



今回、一度だけ。

今まで考えたこともないイヤなことを口に出してしまいました。







「いっそしんじゃったほうがいいのかな。。」







支えてくれる大切な人が沢山いるのに。

周りに迷惑と負担ばかりかけてしまうならいっそ・・・と。

隣に寝ていた妹が、その言葉を耳にして怒って飛び起きました。







「はあ?ふざけんな。冗談でもそういうのやめてくれない」







・・・本当に、そのとおりです。

今までこんなに無気力になったことはない気がします。

いつだってお気楽に生きてきたので。

同じようにお気楽で、しかも親という立場の父に対するやり場のない苛立ちに冷たい態度をとってみたりもしました。

ただ反発しても怒鳴っても何の解決にもならないのは十分わかってるのに。





息が詰まりそうになって逃げ出したのは、

やっぱり祖父の傍なのでした。



話を聴いた祖父は、暫しの沈黙の後、

大きくうなって、ゆっくりと語りました。



とても88歳とは思えない、強くしなやかな言葉でした。

88年という生き様の全て、後悔せぬよう着実に歩んできた男の言葉です。







「俺も親だからね、あんたのお母さんの言うこともよくわかる。



 俺も昔そう思ったし実際あんたの親はそうやってうまくいった。



 ただ6人子供を育て上げて今考えてみると。。





 あんたたち兄弟に自分の周りにいて欲しいというのが親心。



 ただあんたが考えるようにしたいんなら、



 K氏と協力しなさい、それが一番いいとじいちゃんは思う」







男と女の出合にはタイミングがあるので、

もし心底K氏という人物が信頼できるなら、

思い切って一緒に生活して協力しなさい、と。

それで自立し、自分の家庭というものを築きあげたならそれが一番だと。



逆にそれだけの覚悟と能力のない男なら、

今のうちにさっさと別れてしまえ、とも(^^;)

さらにさらに、いつか島に帰りたいと思うなら、

そう説得して引っ張ってきて生活するだけの力が女には必要だと。





・・・すごいでしょ??じいちゃん(^^)





結婚・・・がどうこうだとか深く考えたことはないのですが。

それくらいの覚悟と勢いで突っ走らないと

この複雑な状況は解決しないのは事実です。







「って言っても、一朝一夕になるもんじゃないからね。

 長い目でみて、そうなるようにあんたが皆をしむけなきゃいけない。



 折をみて俺からもあんたの親を説得してみるさ」







・・・どうです、この力強さ!!

おまけに







「俺の言うことは当たるからね。 

 そうした方が一番いいと思うよ・・・ふはははは」







という88年の自信と含み笑い。



・・・もう最高・・・[:ラブ:]



じいちゃんの根底にあるのは「強いしっかりした家庭」。

それが島であろうが東京であろうが成り立たせることに意味がある、

という強い確信があるようです。

確かに、頼りない私がひとりで東京生活に挑むのは

親としては期待が外れた以上に怖いことだと思いマス。。[:汗:]



でも、私は一人ではないし。



K氏がいて、るちみもおるし、何より自分自身がここにある。



ハッキリしたビジョンなんて正直ないっっ!!!



それでも、半年かけて掴んだ夢があるんだから。

一度決めたことを後悔してもどうしようもないよな(><)







・・・ここんとこの体調の悪さ。

これも不安定の一因だったりしました。

まだ通院も続いてますし、不安が完全に消えたわけじゃないんですが。

それでも明るい兆しには変わりないはずっ[:ショック:]



何もかもが揺らいでる今だからこそ・・・

じいちゃんが言うように、焦らずゆっくりと、

確かに毎日を歩いていこうと思います。





ひとりぼっちだと思ったことは一度もない、というしあわせ者です。



明日もいい日でありますように。。











*ランキングに参加しております。*

よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv

人気blogランキングへ

学生ブログランキングへ

0574 W.S.Rへ







 
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/859-e5b92fd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

修羅場はある日突然に «  | BLOG TOP |  » さて選択の時間です。。

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。