2017-10

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2005.09.25 - Sun  |  エロ本よりエロいよ今昔物語。 |

本日はヤル気に満ち満ちてますのでどんどん更新いたしますぜ[:ラブ:]



あーあ勿体無いねK氏ったら…



エロパワー全開なのに富士山の向こうだもんな、つまらんやっちゃ。







こんばんは、mekeでっす♪







とはいえ今夜のお題は「エロ本よりエロい今昔物語」。





皆様古典って読まれます?



そこらへんの三文小説よりはるかに面白いのですこれが[:ラブ:]



「平家物語」なんか冒頭のアレは勿論、



実際に琵琶法師の平曲聴きに行くくらいスキなのですが(^^)







一番オススメなのは「今昔物語」!!



あの「今は昔~」で始まる、平安時代の説話集でございます。



天竺(てんじく)・震旦(しんたん)(中国)・本朝(日本)の三部で編成され、全部で1030話31巻(現存28巻)もあるのですが、





何といってもそのジャンルの広さが魅力。



天皇・貴族・舎人・下女・商人・農民・陰陽師・乞食・殺人犯・妖怪なんでもござれの多彩な登場人物、



さらに内容も恋愛・下ネタ・お涙頂戴・怪談・仏法・オチなしとまさにイロエロございます。



芥川龍之介の「鼻」や「芋粥」、「藪の中」なんかの元ネタとしても有名ですよね♪







…で、今回ご紹介するのは中でもmekeが一番



エロッと思った小噺です[:ラブ:]









まず第三位。



「蛇に魅入られて立てなくなった女の話」

(第19巻19話)








…今は昔。



近衛大路の西、小一条のあたりで、



急におしっこをしたくなった若い女がいたそうな。









「ああ、どうしましょう、もう我慢できないわ」



「お嬢様、もうちょい我慢してくださいっ」(←お供の下女)



「ムリムリもうムリッ!!できないわっ」









というわけで…女はひょいと裾をまくり、



近くの土塀にむかって用を足し始めたそうだ…



(当時のは女性も立ちション…絵巻物なんかの下駄が高いのはそのせい)







…が。



2時間経ち…4時間が経過しても女は立ち上がる気配がない…



下女が声をかけても動かない…



困り果てた下女はシクシク泣き始めました。



するとそこを通りがかった男がですね、







「一体何があったのだ?」



「これこれこういうわけで…うえーん[:悲しい:]」



「成る程、一体いつからだ?」



「…かれこれ4時間近くこんなかんじで動かないんですぅ」







で、男が女の顔を覗き込んでみると、



顔面蒼白で身動きひとつしない。



…と、ふと壁の方を見遣ると。



土塀に穴があいてまして、そこに



でっかい蛇がこっちを向いて



じーっと女を見守っているではありませんか!!







さてはこの蛇が女の小用している前を見て



ムラムラして女を虜にしてるんだな、








と男は気づき、短刀で蛇を一突き!!!



…で、動かない女を引き上げると、



面食らって飛び出してきた蛇はまっぷたつに!!



で、助かった女はフラフラと人に支えられて帰ってゆきました…







「これを聞いた女はそんな危ないとこで

 

 むやみにおしっこしてはいけませんよ」








…という素晴らしいオチがついております。







どうです、素晴らしいの一言ですな!!



野外というシチュといい蛇といい…(以下自粛)







えーっと、ゲフゲフ、では第二位。



「デキモノを直させて逃げた女の話」

(第14巻第8話)








…今は昔。



凄いいい腕の医者のじいさんがいたそうな。



ある時この医者の家に、美しい装束の裾がちらほらみえる



一台の牛車がやってきました。





「もしもしどちら様でしょうか?」





と窺ってみると…年の頃は30ばかり、



愛嬌のあるイイ女
じゃないですか[:ラブ:]







「あさましいものです、命が惜しいと思うと



 こんなに恥ずかしいのもガマンできます…どうぞお願いします」







と、さめざめ泣きながら女は袴の前を引き開けました。





「どれどれ…」





と医者がその白い太腿の表面を見るとすこーし腫れてる…



で、全部解かして覗き見ると、





…毛で見えない。







で、毛を掻き分けて探ってみると、



そこには命に関わるでっかいデキモノが!!!





それから7日間、医者は人も寄せずに一生懸命治療しました。



その甲斐あってデキモノもどんどん治り、



しまいには鳥の羽で感部…じゃない、患部に薬を軽く塗ってやるだけに。



(うわーうわーうわー^^;)



女は正体を明かさぬまま医者の言うなりになって感謝し、



医者は医者で





「どこの女かな~エエ女やな~治ったらイイコトしたるねんエヘヘ~」





とホクホクしておりました…が、が。



そろそろ全治しそうなある暮れ方、



女はスキをみてさっさか逃げていったのです。



そうとも知らぬ医者はご飯のお膳を持って今日もホクホク…





「ぎゃっ、逃げられた!!!」





と気づいた時は既に遅し。



さんざ地団駄踏んで泣いて悔しがりましたが女の正体はとんと知れず。







「思えばなんと賢い女ではないか」







とこれまた素晴らしいオチがついております(^^)







…どうです、スゴイでしょ?



では最後に極めつけのやつをひとつ。







第一位。



「カブとヤッて子供ができた話」。

(第16巻第12話)






…お題からしてヒドイもんです[:汗:]







…今は昔。



東下り中の男が、どこぞの村の道端で



急にヤリたい気持ちになったそうな。



(確かエアロスミスの「sweet emotion」の邦題も「ヤリたい気持ち」^^)





「女…女…オンナ…いない…うぎょーーー!!!!」







っと気が狂いそうになったこの男、



ふと道端の畑を見ると…カブ蕪です、かぶ。大きなかぶ。



が、青々と生い茂ってるのを見て…





「コレだ!!コレでいい!!」





と、でかそうなのを引き抜いて



真ん中に穴を空けて、そこで存分に×○▲□?$#…(以下自粛)





…で、スッキリして用済みのかぶをポイして行ってしまいました。

















えっと、で、その後に、この畑の持ち主がかぶ摘みにやって来ました。



その一行の中には年の頃14、15の一人娘もおりまして



ふと男の投げ捨てたカブを発見。





「あら、なんでこのカブ穴あいてんのかしら??」





と、暫しおもちゃにして遊んでいたのですが…





そのうちなんかムラムラして、



しなびたそのカブを食べちゃったのです!!!

















それから暫くしてこの娘、なんとなく様子がおかしくなり…



食事も喉を通らなくなり、何があったんだ?と両親も悩むうちに





なんと妊娠が発覚!!





えーーーーー?????(^^;)









「何ということだお前っどこの誰や相手は!!」



「うわーん、知らないわっ



 あたし男の人の傍にも寄ったことないのに…しくしく。



 あっ、そういえば何かヘンなカブ食べたわ!!



 あの日から何かおかしくて…」









とかなんとかモメてるうちに、



娘は可愛い男の子を無事出産。



両親もこれでは仕方ないので孫を大事に可愛がっておりました。





…そして数年後の秋。



例の男が京に戻るために供を連れてあの道を通りがかり、



傍の畑では持ち主一家がやはりカブ摘みにきておりました。









「そういえば昔このへんですんごくヤリたくなってさ~



 あの辺のカブを引っこ抜いて穴空けてスッキリして



 捨ててったことがあったな!!!」










それを聞いた娘の母親は





「ま・さ・か!!」





と飛び出して男を問い詰めてみます。







「ええっと、その、今のは冗談で…」



「こっちには一大事なんです!!詳しく聞かせてくださいっ」



「え、う、うーんと、そこは凡夫の浅ましさで…ゴニョゴニョ」



「やっぱり!!!ちょっと家にきてくだされっ」







というわけで、何が何だかわからぬ男を家に引きずって行き、



生まれた男の子と比べて見るとあら不思議。



瓜二つではありませんか!!(^^;)





…で、妻子もいないことだし娘は可愛いしこれも縁だということで。



男は娘を妻にしてその地に留まりましたとさ!!







「男女は交わらなくても

何かに淫が入ると子どもができるんだね」








という…これまた珍妙なオチがついております。





…カブですよ、カブ。





…信じられん…穴がありゃなんだっていいのか、そうなのか。







いかがでしょうか。 



こんな具合に、人の想像力の自由闊達さを思い知らされる



ミラクルな世界が渦巻く「今昔物語」。



その他にも思わずゾクリと背筋が凍る話からホロリとする話まで様々!!



mekeは眠れぬ夜のお供に、



電車でお出かけのお供にいつも携えております[:ラブ:]







今回ご紹介した小話は水木しげるが漫画に描いたりもしてます。



エログロな世界観がぴたりなのと、



選び具合がツボを突いてて大変愉快でした(^^;)



で、原文がちょっと…という方にはぴったんこな現代語版が。



福永武彦がちくま文庫から出してる今昔物語集です☆



読み易い訳と同時に並びが素晴らしいので是非ご覧下さい♪







…あーあ、これでワタシのアホな一面がまた露に(T-T)



ではでは、今宵も皆様の千夜一夜に乾杯☆[:月:]











*ランキングに参加しております。*

よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv

人気blogランキングへ

学生ブログランキングへ

0574 W.S.Rへ
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/832-c9f4b73f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お伊勢参りに行こうよアハハン♪ «  | BLOG TOP |  » ああ今夜も

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。