2017-10

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2005.09.25 - Sun  |  お伊勢参りに行こうよアハハン♪ |

何か壁にぶち当たった時、上り坂の時、



底なし沼に沈む時、コケの上を滑り落ちる時。



転機に合わせて必ず「何か」が降って沸く。







文字通り降って沸くので、



何故今ソレが寄ってくるのかわからないのだが



必要としてるものを五感が引き寄せてるのかな~



なんて思っちゃったりもする。







それは新しい出会いであったり本であったり音楽であったりご飯であったり旅であったり何気ない一瞬であったり昔の自分が書いたものであったり







…ほんとにイロイロなのだが、





今回のソレがコレ↓







弥次喜多in DEEP (1)

弥次喜多in DEEP (1)

しりあがり 寿









でもってこの「引き寄せ」



連鎖反応を起こすという特徴もあって、







>長瀬、七之助主演映画



「真夜中の弥次さん喜多さん」が全米進出








ああ、DVD予約も(金欠で)ままならないというのにっ!![:悲しい:]







こんばんは、mekeでっす☆







今日当たりヤジキタの記事書こうかな~と思ってたら



今朝のヤフートピックスで見つけてしまいました。



もうちょっと推敲する時間が欲しかったのですが



ものは勢いですのでとりあえずご紹介。







「真夜中の弥次さん喜多さん」





既に話題ですよね~



原作はしりあがり寿の同名漫画でして、



江戸に住むヤク中の喜多さんと弥次さんはホモのかっぷる。



リアル探しのお伊勢参りに旅立つ二人の周りは



夢と現実と死の花が咲き乱れてぶっ飛んでぐるぐる廻る…






シュールで濃くてちょっぴり笑って鳥肌が立って吐き気がしてほっとして



うーんうーんと考え込んでしまう…壮大なる絵巻物語。







宮藤官九郎初監督作として奇跡の映画化、



今年春から公開中。



主演に長瀬智也中村七之助、その他キャストも





小池栄子に阿部サダヲに竹内力におぎやはぎにぐっさんに楳図かずおに毒蝮三太夫に中村勘九郎に研ナオコに荒川良良に妻夫木聡に…





とざっと挙げるだけてもごった煮の重箱のようです。



クドカン作品はこれまで一作たりとも観たことなかったのですが、



公開直後にK氏を引っ張って観に行って来ました。



(ちなみに初映画デートでした^^;)









「絶対アタリだって!!」





とポスター見た瞬間から確信していたのですが、





確かに大当たりでございました。





…気軽なエンタメとしては。





…何故ならコレ、原作のがスゴイんですってば!!!





映画は確かに原作エッセンスを十分活用しながら、



それでもシュールな笑いとグロさはオサレ~にこじゃれた感じというか



より大衆のツボを意識してキレイな感じというか



上手くしてやられたというか。







しかし原作は…



もう一度見てみましょう↓

           ↓







弥次喜多in DEEP (4)

弥次喜多in DEEP (4)

しりあがり 寿









絵です、絵!!





このキッタナイ暴力的な絵!!!!





映画でもヤジキタ二人が旅立つシーンではらりと舞い落ちてくる葉書、





「お伊勢さん」へと誘うあのイカレタ葉書の絵!!







この絵が苦手~という方も多いかと思われます。



落書きテイストですが世界観は決して手抜きじゃなく



むしろ緻密に計算されてますので、じーっと読んでると







…確かにちょっと眩暈がします(^^;)





特に「真夜中の~」シリーズの最終巻あたりは



思わずページから頭を上げて深呼吸…







うーんうーん毒毒毒…(@@;)







でもよんじゃう。



グローくて酷くて救いようがなくて痛いのですが、



その間に引掻き傷のような「愛」が確かにあるので



そしてその愛は血と暴力にまみれてるので



「うわー」っと目を背けたくなっても、つい引き寄せられてしまうのです。







原作で濃く表現され続け、映画版で薄かったもの、



それがこの「絶対的な暴力と再生」の物語かな~なんて思いました。



「弥次喜多in DEEP」の後半は、誰の夢かわからない混沌とした世界で



ふたつの異質なモノ同士が愛し合い憎み合い互いを喰い合うのですが、



このものすごい暴力と血の嵐の後の「お伊勢さん」を巡って



また無数の命と夢と死がごっちゃまぜになってしまいます。



読者も途中から気づかぬうちに「ヤジキタの道中記」を放り出され、



振り回され、何が何だかわからなくなってしまうのです…





…が、それもホントにあったことなのかなかったことなのかわからない!!







そして最後のでっかいメッセージは…



どうぞ実際に作品を読まれて体験してみてください(;;)



mekeは最後のページをパタリと閉じた瞬間、



思わずほろりとしてしまいましたYO~(><)/



久々に濃かった…でも案外爽やかな読後感です☆







映画版ではこのあたり、



冒頭に小池栄子がガシャガシャお米を研いでるシーン



断片感じたりして…うーんこじつけかな??



でもそんな目で観返すとまた面白いかな~



はあ、DVDが楽しみです♪



でもビンボなんでレンタルまでガマンしまっす…(T-T)









>しりあがり寿公式HP

 「おーい!さるやまハゲの助」は→コチラ。



>映画「真夜中の弥次さん喜多さん」公式HPは→コチラ。









*ランキングに参加しております。*

よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv

人気blogランキングへ

学生ブログランキングへ

0574 W.S.Rへ
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/831-80aa47d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盗みは情熱 愛は命!! «  | BLOG TOP |  » エロ本よりエロいよ今昔物語。

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。