2017-09

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2005.12.02 - Fri  |  東下り中なのです。 |

というわけで東京でゴザイ~



京都よりはカラリとあったかいかな~



と思いきや一昨日あたりから冷え込みますね!!(><;)





こんばんは、mekeでっす♪





バイトガッツリ一週間休んでやって参りました。



最近ようやく一人立ちしましたので(文字通り)



責任も仕事も多くて大変ですが、



日々楽しんでやらせていただいてます[:ラブ:]



そして卒論ね



そろそろ「やる気が…」などとは言ってられない時期になって参りました[:ムニョムニョ:]



このままでは誰かさんの二の舞を踏んでしまいます…



女の子遊びに命かけて卒業しそこねかねなかった誰かさんね…[:ふぅ~ん:]



そう、K氏は確か12月スタートだったんよね~



三年前、出会い初めの二ヶ月目。。



明らかに卒業妨げてる要因のひとりの自覚持ちつつ



呼ばれては会いに行ってたな~集計手伝ったりして(^^;)



…ふう、あの時はまさかこんな関係にまで及ぶとは思いもよらナンダ。









さてさて。



私の来年のことですが、一歩前進してはまた立ち止まり…な状況です。



何とか、親は認めてくれそうな感じになってきました!!(;;)



いろいろ心配事はあるようですが、



何だかんだ言ってもやりたいようにようにさせてくれる親なのです…



自分たちだってそうして生きてきた人たちですものね。



だからこそ安全圏に囲いたい気持ちもよくわかります。



強行突破でいかず、ここはゆっくり説得したくていろいろ回り道踏みましたが。



K氏のことも家族の一員だとみなしてる我が家ですので…



今後どんな風にすればうまくやってゆけるか、



年末に帰ったらまたじっくり話し合いたいと思います。









それで…立ち止まり(?)なのがまた氏なのですが…(T-T)



まったく、いつまでたっても読めない男ですわ~!!![:モゴモゴ:]



前々回あたりの記事にもありますように、



「保留」をドカンと一発突きつけられたコタツ亀mekeは



暫しビビッて警戒しておりました。



築き上げた関係がアッサリ振り出しに戻ったびっくり感に腰抜け状態。



いえ、人と人との関係が一朝一夕にゼロになるはずもないので



そこまでビビることもないはずなんですが。





…何でしょうね…



約束とパイの皮は破られるためにある、という言葉もありますし、



破られることを恐れちゃ何一つ楽しめないわけです。



人と真剣に渡り合うには破られてもへっちゃらな強さと覚悟を持って



挑まなければならない、
というのが私の信念でもありますし。



ただ、ちょっと先の話、今現在とダイレクトにつながるちょっと先、



あと数ヶ月後の進行方向が急に「保留」となるのは流石に驚き。



「決定」だと断言していた本人から何の前触れもなかったのがイタすぎる。





何考えてるのかさっぱりわからん、何なんだこの男は。





そんな感じで数日バイトに明け暮れてみました。



授業のレジュメに気合入れすぎました。



合間を縫ってお散歩に行ってみました。



本を借りてきました。



タロット占いまでしてみました。



「吊るされた男」が逆位置で出ました…うっわ~(^^;)







…まあ、そんな状態にも関わらず、



人やモノとのいい出会いは連続してますので割りと落ち着いてます[:たらーっ:]











――で、驚いてビビッてまた考えるカメ子。





何かをひとつ選択するには何か別に削らなければならないことが必ず出てきて、



そのひとつが「私との共同生活」のリズムを乱す(であろうところの)



Rさんとの関係をどうしてゆくか…ですよねえ。





うーんうーん…[:ムニョムニョ:]





バイトのお客さんにも店長にもさんざ呆れられるところなんですが、



やっぱり「何かを大切にしてるK氏」を否定することは私には出来ません。



これまで何とかいってきたように見えるのは



三者三様互いに都合のいいとこしか見せてない見ようとしてない事が一番。



私があまりにも喉元過ぎれば~なB型女なのが二番。



さらに私は「ただ好き」を貫けばいいや、



と最初っからのんびりゆったり構えてたのでここまで事が大きくなるとは



(様々な事象や気持ちの問題も含めて)



まったく思いもよりませんでした。本当に。



…でもこれまではよくても今後はどうするのか?







また一緒に住む以上、彼女の問題だけじゃなく様々な問題が出てきます。



高校から今まで延べ7年間共同生活経験のある私ですが、



男の子と一緒に住むのは無論初めてですし、



島育ちのうちの家は世間一般常識からかなりかけ離れてるし(何より私が)。







それとは別にもひとつ反省。





「一緒に住む」のが当たり前だと思い込んでなかったか?



氏がそこにいるのをうっかり当たり前だと思い込んでなかったか?




そもそも奴と出会えたのは全くの偶然、



ここまで関係が深まったのはもう偶然×二乗のキセキですわ。





その対象と生活を重ねる…誰かの一番近くで生きてみる…家族になる。





初めての領域に踏み込む前はビクビクで、



気持ちだけいっぱいでも計画性なんぞ皆無の奴に飲まれちゃいかんと警戒しまくって。



それがどういうわけか何となくいイイ感じになってきたもんだから



つい安穏と居直ってしまう…確かにその傾向がありました。





警戒するだけでなく緊張して向上すること、楽しむこと。





それを忘れかけていた気がします。



「これじゃいかんな、気合いれな」



と思っていた矢先の「保留」だったので…物凄くがっかりすると同時に



鼻っぱしらを叩き折られた…まではゆかずとも、つままれた感じ??[:モゴモゴ:]





「気を抜くな、人をスキになるのは命賭けのはずだろ」





っと…かつての様々な自分に背中叩かれた次第です。



おかげで立ち直りも早かった(^^;)







それにしても。



何かを犠牲にするだけの賭けられる人がいるってのは凄いもんだと思います。



こればかりは自信たっぷりに威張れます。



でも今後どうしてゆくのか。



単純な嫉妬心だけで片付かない事象とどう立ち向かうのか。



全く違う二人が生活を重ねる事にどう取り組むのか。







――結局あの「保留」の意味を問う前に、



再び「部屋探しどうする?」なんて話になってます。



…実際お部屋めぐりまでしちゃってます!!(><)



どうしたことでしょう…女の子パワーの前に流されてるんでしょうか…



まさか面倒くさくなったとか…[:困惑:]



それとも再び覚悟決めてこの厄介な女と立ち向かおうというのでしょうか。



手探りのまま東下り四日目が過ぎようとしています。

















スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/788-251d4d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリスマス小噺、第一夜 «  | BLOG TOP |  » ふぁっしょんバトン。

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。