2017-10

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2005.12.15 - Thu  |  クリスマス小噺、第三夜 |

この冬一番の寒波が押し寄せております。。[:雪:]



毛だるまムートン一枚きりではなんとなく過ごせなくなってきました[:ムニョムニョ:]



コンクリート打ちっぱなしのバーカウンターの床下から壁から



しんしんしんしん染みこむ冷気…



恐るべし、京の都の底冷え!!!!



現在の室温9度!!暖房なし!!



こんなに寒いならせめて雪くらい降ってくれ!!(T0T)[:ゆき:]





こんばんは、mekeでっす=☆





バイトと卒論に明け暮れる日々・・・



飲み、そして食べ、着実に丸くなる日々・・・[:悲しい:]



思索するのは楽しいのですが、



楽しすぎて肝心の筆(パソ)が進みません[:失恋:]



…っと、そんなこと言ってる場合じゃないですね。



今日は初めて担当教官に書きかけを見てもらいました。



序章と、データ部分の三章、四章。どっちも書きかけ(--)。



問題提起(?)がどうしても「呟き」になってしまうので





「それはみんな注釈にもってって!面白いけど!」






とのツッコミを多々頂き、論理部分の文献をまたドッサリいただきました。



…ハア、やはり柳田や折口のツブヤキ話ばかり読んでたツケ(?)で



簡潔かつ論理的な文章がなかなか書けないとです…[:しょんぼり:]





「それでもとにかく書け、書きまくりなさい、面白いから!」






…ハイ、私…やるわ!やってみせるわ!私の卒論をっ!





…熱血少女マンガ風にがんばってみよう…寒すぎて動けないので。



せめてテンションだけでも上げてみよう。。





文化の定義…議論の所在…「問題」って何さ…そして結論どうする…??



思索すること自体はスキなものですから、



不器用に同じことばっかりぐるぐる考えるとのさまガエル…







昨夜のバイトは朝5時には帰れるはずが、



そんな具合にボーッとしてたら電車何本も逃して結局7時に帰り着く、



というとんでもないハメに。。[:失恋:]



――さらにヒマすぎる時間帯なのをいいことに、 



バーカウンターの上でレジュメとにらめっこの変なバーテン一匹(^^;)







――そうやって夜明け前の帰り道、



やうやう白くなりゆく山際、少しあかりて、



紫だちたる雲の細くたなびきたる…様をじーっと眺めながら歩いていると。



ふいにじんじん冷たい指先から頭の芯まで、



何か見つかったような見つからなかったような…感覚が走る瞬間。



動くこと、考えること、書く事、



思いっきり何かできることの幸せを感じる瞬間です。



…でもそろそろ人肌欲しいよなあ…[:ゆき:]







そんなわけで…?断続的ですがクリスマス小噺第三夜デス[:ブーツ:]









         *************









冬休みともなれば小学校の図書館も閉まってしまう。



島に公共図書館はないのだが、かわりにすぐ近くの公民館の倉庫



ドッサリと書物があるのを私は知っていた。



誰が管理しているのかいないのか、その扉の鍵は開いたり閉まったりで



私以外に利用している人を見かけたこともなかった。



初めてそこに踏み込んだ時の興奮といったら…!



ツタンカーメンの墓を発見した瞬間のカーター卿くらいに嬉しかった…!!!



無限の時間が与えられたなら、



本の山の中に埋もれて朽ち果てたいものだ…



と当時(今も)本気で思っていた。







さて、その倉庫に積み重なっていた本たちは、



どれも厚く埃をかぶった一昔前の児童書や名著、伝記、科学漫画



といった類のものばかりで、ひっくり返してみると



赤川次郎や西村京太郎等のミステリー文庫や



きいたこともないような昔のレコード、雑誌等も紐でくくられ転がっている。



恐らく、島民からの寄付や寄贈図書なのだろう、



ジャンルはごちゃ混ぜで整理しようとした跡もない。







その中で一番衝撃的だったのが…小説版『銀河鉄道999』!!



その原作が漫画であることや、



長い物語の一部を凝縮した企画文庫であることなど知る由もなかったのだが、



もうとにかく夢中になって何度となく読み返す読み返す…!!







あんなに美味しそうなラーメンは食べたことがないし、



あんなにキレイな女性に愛されたことはないし(そりゃそうだ)、



あんなに情けなくてカッコエエ男の子に出会ったことはないし、



あんなに魅力的な旅に出たことはない…(><)/








SFらしいSFも漫画らしい漫画も読んだことのなかったものですから。



この時999から得たイメージはその後何度となく反芻し、



夢や空想の片隅にしっかりと根をおろしてしまっているのです。。







――因みに、その後高校生になって古本屋で同じ本を発見し、狂喜乱舞。



しかし…あの当時の興奮は一体何だったんだってほど



あっけなかったなあ…感動が。



原作も、初めて読んだ時は自分の空想妄想力に押されて(?)いまひとつ…



あるモノガタリってやつはそれが媒介される側からどんどん拡大してしまうのだ。







――話が逸れてしまった。



で、冬は図書館のかわりに公民館に行くわけなのだが、



その時はちょっと様子が異なっていた…



倉庫の横にある、だだっ広い講堂



――コンクリートの床で、突き当たりに舞台がある――



はいつも薄暗く、予防注射を打ちに行ったりする以外は



入り込むことはほとんどないのだが、その年のクリスマスには



そこに長いテーブルが並べられ、何やら展示されている模様。



奥の方には見知らぬ女の人が立っている。







…そっと中に入り、テーブルの上を眺めてみる。



それは「キリストの一生」を様々な絵本やカードで紹介した展示だった。



最後方ではクリスマスの由来なども紹介されている。



私の後から主婦らしき女性がひとりやってきて、



同じように薄暗い中、展示物を見て歩く。





「このひと知ってる――」





と、私は思う。



何しろ世界の伝記シリーズは当時一番の愛読書で、中でもキリストは





「どういうひとなんだかよくわからないのだが」、



「どうやら神サマっぽくてクリスマスに関係あるぽいのに



 伝記が出るくらいの、謎の人」






として認識されていた――つまり、何者なんだかよくわからなかった。



彼が何を成し遂げ、何をもって「偉人」とされるのか。



首を捻りつつも、一応話の筋だけは知っていたものだから、





「この馬小屋で生まれたんだよ」



「この人に裏切られたんだよ」



「復活してお墓からでてきたんだよ」






などと、イラストを指しながら我が物顔でしったかぶりの説明をしていたら。



その場にいた見知らぬ女性がニッコリ笑って、





「あなた、キリスト教信者?」





ときく。



…何のことだかよくわからない。





「彼」のことを知っているのというのは「信者」というやつなのだろうか。



宗教家とカミサマの違いって一体何なんだろう。



先祖崇拝が風習の島っ子にとって、当時それは最大の疑問のひとつで、



「ナムアミダブツ」と「ナムミョウホウレンゲキョウ」の違いだとか



そういう違いで大戦争をおこしているらしい海の向こうのおハナシは、



本当に本当に…理解できなかった。誰も教えてくれなかった。







――最後に、女性から小さな袋をもらって外に出た。



中身は小さなキャンドルで、



知らない人からクリスマスのプレゼントを貰ったのは初めてのことで、



それだけで何となく嬉しくなって家に帰った。







空には相変わらず低く灰色の雲が広がっていて、ひたすら静かだった。









*ランキングに参加しております。*

よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv

人気blogランキングへ

学生ブログランキングへ

0574 W.S.Rへ

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/784-f7e52f8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひ、ひま。。 «  | BLOG TOP |  » ひねもすのたりのたりなり。

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。