2017-08

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2006.06.20 - Tue  |  ああああめふりのよるに。 |

ある土曜日、起きたら夕方四時だった。



一度たりとも起きることなく、ようやく眠りの底から這い上がったその時、K氏が帰ってきた。



洗濯物もそのままだし、

私は横になったまま動かずにいたので。



氏は何も言わず、お風呂に入ったのち、同じ布団の横で丸くなった。

触っても無反応で、むしろむずかゆがられる。



仕方なく、苛々と、ただ肉を食べた。



二三日前、母から大量の食料が送られてきたのだが、その中に手製の三枚肉の煮物が入っていた。



梅干しのケースの中にぎっしり詰まっていて、いくら何でも食べきるのはなかなか大変そう…と思ったのだが。





白く凝固した脂と、固くくっついた表面とを指で剥がして、三枚の層を歯で引き千切る。



久々に味わう母の味を繊維一本一本噛み締めながら、何か考えようとしていた。



私が完璧に気持ち良く、居心地が良く、ほんのちょっとばかりの不安を抱いている間に、

疲れた氏はどれだけ退屈したり、呆れたり、怒ったり…諦めたりしたんだろうか??





三時間後、微笑みながら目を覚ました氏は、久々にみるあの胸がぎゅっとざわざわする、申~し訳なさそうな目で、



「女の子と遊びに行ってもいいですか?」



と、きたのでした、嗚呼久々のあの感覚。





破壊衝動がおこり、肉を投げてそこら中を掻き回そうとしました。

いつもは片付けまで考えて暴れるのですが、今回は片付ける気力がなかったのでそれはひとまず留めて。



身支度した氏が玄関のドアを閉めた瞬間、声を出さずに叫びました。

叫んで、涙が流れて止まって、暑苦しい不快感が喉の奥で疼き、都合のよいことにそこにあったリンキンパークを大音量でかけた後…



雨の降る夜の中に飛び出して行ったのでした。







…つづくかな?(;^_^

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/725-9a03e4da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイトの方のお客樣 «  | BLOG TOP |  » 不機嫌なイタリア人との交渉術?

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。