2017-07

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2006.11.04 - Sat  |  こんな夢をみた。 |

遠くのK氏と電話していたら、こちらの問いかけに向こうから女の声が返ってきた。



誤魔化す、とか丸め込む、という事が出来ない奴はごく素直に白状した。



久々に血流が全身を駆け巡り、臨戦態勢になる心模様。







数日後の夜、私は遠く離れた彼女の家へと向かった。

いや、向かったというより、忍び込んだ。

真っ暗な二階建ての木造家屋で、急な階段を昇った先の和室に彼女がいた。

私は彼女の顔を知らない、だから顔はおぼろげに、こちらを振り返る仕草しか捉えられない。



――私の右手には逆刃の包丁が握られている。



時代が多少変化しようとも、殺人道具に包丁、の組み合わせはあまり変わらないだろう。

料理をしなくなった主婦が増えようと外食産業がいかに隆盛を極めようと、

どこのご家庭にもかならずあるであろう包丁という刃物、ひとたび台所を離れるとたちまち物騒な、厄介な、不気味な存在感を放つ包丁という刃物。

時々街で見かける刃物屋の軒先、ガラスケースの中にずらりと並ぶ、職人の技が冴え冴えと光る高級包丁にはないこの100円ショップで購入した安包丁の生々しさは、

きっと一度でも家庭で鶏肉だとか人参だとかを刻んだことがあるかないかの差なんだ。





それが闇の中で逆刃を光らせている。





料理の出来ない私の手の中で、おぼつかなげに握られているのだが、果たしてうまく刺すことができるんだろうか?

いやいや、迷っている時間は無い、早く済ませよう、きっとひと思いに出来るだろう、だってこれは夢なんだし。



こんなことを一瞬のうちに思い巡らし、彼女のわき腹に三回、しっかりと刃を刺した。



運動神経は皆無だけど、体力だけはある自信があるので彼女の抵抗もものともせず。

夢なので都合よく返り血なども浴びず、私は三度目の包丁をさっさと引き抜くと、そっとその部屋を抜け出した…と思ったら、彼女の同居人の女の子が帰ってきた音がした。



真っ暗な廊下の電気のスイッチを探しながら、その子が階段を上がってくる。

彼女の名前を呼びながら、そう、私の足音は既に聞こえてしまっているのだ。

急いで階段上にあるスイッチを押しておく、すると下のスイッチでは電気が点かない。

同居人の子がギシギシと階段を上ってくる、その隣をごく自然にすれ違う。



・・・一瞬、この子も殺してしまおうかとふと思う。



だけど私は「激情にかられて」ここまで来たのだ。

包丁の力に支えられて、何とか人ひとり刺してきたけれど。

これ以上は出来ない、そもそもこの殺人、とっても無意味だ。

あの子を殺したことで今より幸せが増すなをてことはないし、久々のほーるいんまいそうるな穴が埋まるわけでもない、単に身体が動かしたかっただけだ、多分。

それに最近体調が悪いのだ、貧血体質がひどくなって眩暈がするし、もう一人殺す体力なんてない。

・・・あれ、さっきと何か矛盾してないか??





これもまた一瞬で思い巡らした後、同居人の子の呼びかけを無視して玄関の引き戸を空け、私は夜道へと飛び出した。



あの子はすぐに異変に気づくだろう、昇った先の部屋で倒れている彼女の肢体=死体を見つけるのだろう、そしてすぐに警察を呼ぶだろう、静かな闇に包まれたこの町は大騒ぎになるだろう。

そして私の人生もあっという間に滅茶苦茶なんだ、だけど今はまだ、静かだ。



私は走った、走るのは遅い方だ、そして夢の中ではもっと遅くなる。 

街灯の薄明かりの下、どれくらい走ったのか、私は手にした凶器を捨てようと思った。

すぐ隣の目の高さ程のブロック塀によじ登り、震える右手で血のついた包丁を投げる。

あの民家の屋根の上に投げればいい、当分の間見つからなければいいのだ、と。

しかし震えた手から包丁の柄はなかなか離れず、青白い光の下、刄はきらきらと
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/699-8fb93ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

貧血悪化と三連休と。 «  | BLOG TOP |  » テンプレートを変更

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。