2017-09

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2008.01.24 - Thu  |  古写真~ |

久々の島長期滞在も今日でおしまい。

午後の便で関西に戻ります。



昨日から徐々に冬っぽくなってきました。

とはいえ薄い掛け布団二枚で済むんだけど。

寒がりな母は東京のうちの布団より厚い毛布を3枚重ねてぶるぶるしてます…(^^;)



荷造りしてるんですが、持っていきたい参考書とか本は後で送ってもらおうとまとめてますと、棚の奥から写真袋を発見。

うちの家族だけでなく、親戚や村全体の古写真がざっと50年以上前のものから数年前のものまで新旧入り乱れて大量につっこまれております。

家新築の時のゴタゴタで父が整理しようとしてそのままになってるやつだな…



今は携帯カメラは勿論デジカメでも気軽に写真が撮れる時代ですが、昔はやっぱり「ハレ」の日に気合いを入れて撮ることが多かったようで。

今見てみると結構貴重な記録写真集です。

「日常」の写真は近年になるにつれ増えてくるけど、基本的に撮る父の嗜好で村の歳時や行事、農作業で動く人々のショットが多い。

そんなわけで、たまに写ってる私はほとんど「正装して何かを食べてる」写真ばっかり…





よくよく見ると私、ちっこい頃から写真に撮られるの苦手な様子。だいたい目線そらしたり強ばったり無表情だったり…だからプリクラとか苦手なんだよなー

さらによく比べると、母と同じ表情なんですね…母も写真撮られるのあんまり好きじゃない。

上の妹は逆にポーズをつけて超笑顔で写ってるのばっかり。

弟は一族の男たちとまるっきり同じ表情なのが面白い。静かに構えてる感じ。

末の妹は幼児期の超らぶりーな時代が嘘みたいに、今やでかくゴツくなっちゃってますが、よく見ると繊細なまなざしとかは変わってないんだなあ…と発見して驚いた。



時代が整理されずに入り乱れてるので、こうやってざっと見ると人の「血」というものに思いを馳せざるを得ない…私の顔は母にもそっくりだけど、父方のばあちゃんのほうの血筋に年々似てきてるのだ。それは今回いろんな所で言われた。面白いもんだなあ。



前に帰ったときは、20代前半とみられる父の東京での写真を一枚持ち帰った。

私もこれから東京で暮らすわけで、ちょっと参考?にしようかなあ、っと思って。

今回いろいろ迷ったけど、20数年前の曾じいちゃんのカジマヤーの時の写真にすることにした。曾じいちゃんが前の家の玄関でばあちゃんと写ってるやつ。



うちの家系は長命で、曾じいちゃん…大きいじいちゃんも102歳まで長生きした。

カジマヤーは96歳でやるけど、この時大きいじいちゃんはまだ立って歩けたし(というか亡くなる1週間前まで歩いてご飯食べてた)、村のパレードもやった。

今、病院で寝たきりのじいちゃんは当時の大きいじいちゃんと同じ年なんだけど、これがびっくりするくらい二人とも同じ顔なのだ…皺のよりかたから白髪、表情までまるで同じ。ただ、じいちゃんの方は大きいじいちゃんよりはるかに早く痴呆が出てしまって、今や立つことも会話もままならないわけだけど…



父はじいちゃんよりも祖父にあたる大きいじちゃんとウマが合ったみたいで、大きいじいちゃんに育てられたようなものらしい。

若い頃は長い間島に帰らなかった父なんだけど、ここ数年寝たきりのじいちゃんを見る父の目は、大きいじいちゃんを見ているような気もする。





島では島の外に進学や就職、結婚で出て行った人を指して「旅に出られた」と言う。

ハレの日に戻ってきたその人たちも、自分を称して「長い間旅に出ていて…」と言う。

そう言ったり言われたりするごとに、ああ自分のルーツはここにあるんだなあ、とみんなで確認するんだなあ、と最近よく思う…と、30年近く東京生活をしてる親戚のおばちゃんが言ってた。

でも、旅に出てそこできちんと生活しているからこそ島はいつでも迎えてくれるわけで。



「どこに住んでもいい、自分の生活をちゃんとしたら島にこだわらなくてもいい」



って死ぬ前に言ってた母方のじいちゃんの言葉を島を出る度に思い出す。

果たして自分の生活、きちんと基盤を築けてるだろうか。反省しきりです…(;;)



この写真は、自分の血を確認すると同時に、何をすべきか悩んだ時に見ることにします。





さて…



そろそろ荷造り開始しますか…妹の卒業式の袴とか持っていかないといけんのよね…

重い…重いよー(><)
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/539-89fa89ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母のみた夢、娘のみた夢 «  | BLOG TOP |  » また

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。