2017-08

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2008.07.23 - Wed  |  炎天下の墓参り |

なんかその辺水浸しだなーっと思ったら、今日は東山で防災訓練があったらしいです。

日本最大の防火水槽があるんだって。

それにしても…今日の京都の気温は38度…日差しに殺意を感じた!!!



久々の丸山公園。

近くの長楽館の喫茶にはよく行きましたが、坂の上にある坂本竜馬の墓にはまだ行けず。

だーって「なんじゃこの坂!!」 な超長い急傾斜の坂の上にあるんだもの…しかし言い出してしまったので仕方ない。

「ごはん食べたら眠くなるから後にしよう」という弟に合わせてお腹ぺこぺこで出発したので、もうふらっふら。日傘を差しながらえっちらおっちら坂をよじ登る…おかしい…私そんなに熱狂的な竜馬ファンじゃないはずなのになんでこんなことしてるんだ。。

途中、何コレ珍百景に登録できそうなでかい観音菩薩を左手に、200メートルの坂道をなんとか上りきった先…の、先に、墓はある模様。

とりあえず社務所の前でひとやすみして、噂の「改札機」をくぐることにしました。



200807231141000.jpg



特に付随する史跡もないのに、大人300円とは此如何に。まあいいけど。

すぐ隣に維新ミュージアムとかあったけど、そことセットにすればいいのに。

ちなみにこの墓場には竜馬と共に暗殺された中岡慎太郎、桂小五郎とその愛妾・幾松、その他無名無数の維新志士たちが眠っております。

護国神社なだけあって、太平洋戦争で散った御霊をまつったモニュメントも立派にそびえております。パール博士の写真つき記念碑もあります。

とりあえず…そこに至るまでは…かなりしんどい道のりです。

高知の子孫はいちいちここまで来て300円払って墓参りに来るのでしょうか??



――よーやくたどりついたそこは、京都市内が一望できる眺めのいい場所!!

もたれかかった柵には「海援隊隊長 坂本竜馬」の文字が。

噂どおり、そこらじゅうに無造作に置かれた石版に熱いメッセージが刻まれている。



200807231150000.jpg



うーん、まさに教祖状態。

これ、溜まりに溜まったらどうするんだろう。

弟も「何か書こうかなー」っと無地の石碑を物色してましたが、ペンないので諦める。

一応、墓参りなのでふたりして手を合わせてみた。



200807231149000.jpg



左が龍馬の、右が中岡慎太郎の墓石。

新しい花(マーガレットだった)が供えられておりました。

享年32歳。1867年11月15日、誕生日に亡くなった龍馬さん。

日本は当時とは違う感じでえらいこっちゃな状態になってますよー

微力ながら私もがんばってみますよ。もうちょっと長生きはしたいけどね。





…そうそう、著名人の命日といえば、明日は芥川龍之介の命日です。

明日は巣鴨の寺で恒例の「河童忌」が行われるんだろうな。



中学3生の頃、読書感想文のお題に『河童』を選んだ精神状態が今の私にはちょっと想像つかんのですが(すまん中3の自分)、ふと思い立ってこの前久しぶりに読んでみました。…うーん、やはり今は無理かな。。『歯車』とかもたぶん無理だろうなあ。



『河童』を読むまで、自殺は絶対しちゃいけないものだと思ってた。

ところが、世の中には優しすぎる心を持ったひとがいて、そんなひとが選ばざるを得なかった自殺という手段を否定することができないことに気づいてしまった。

『河童』の世界を見てしまった人は、もはや精神病棟に収容されて怒り狂う以外には死ぬ他ないんだろう。鈍感すぎる私はただ呆然とする他ない。…いや、中3の私には何か通じるものがあったんだろうな。



いろいろ検索してたら、ニコニコで「遺書」の動画を発見。

芥川は二番目、三島由紀夫の後です。











あれから80年、ぼんやりとした不安は相変わらず。

でも今はひとりで死ぬよりみんなで死んだり巻き込んで死んだりがブームのようです。。

死ぬにも勇気というものがいるはずなんですがね…

ピーラーで指を削っただけで卒倒する自分には、物理的自殺はどうしても無理。

頭の中で「死ぬ!!」っと思ったことは2回ほどあるけれど。



遺書くらいはちゃんと書いておいたほうがいいよなーっと思ってからもう何年経つんだろう。遺書がその瞬間をいきるための唯一の方法だったりする場合もあるだろうけど、こうやってのほほんと生活しててもいつ何時死んじゃうかわからない。気軽に帰省する時ですら、「この飛行機が墜落したらもう終わりだしな」ってのはよく考える。9.11の後は特に。平和な日本かもしれんが、明日戦争が起こったって不思議じゃない。

パニックになる前の精神鍛錬として、遺書はすこしずつ書いておいた方がいいかもな。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/459-3afe03f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なんて素晴らしいモーター «  | BLOG TOP |  » あちー!!

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。