2017-08

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2008.10.09 - Thu  |  母の電話 |

母親が10回電話してくるとしたら、うち2回はつい無視しちゃう私。



だってたぶん、他3名にも同じ内容でかけてるはずだから…



緊急事態だったら虫が知らせるから…たぶん。



で、その愚痴が妹?、妹?、弟に順番に回り、最終的に妹?から「おめー電話とれよ」と言われるハメになる。十回中八回もとれば十分だと思うんだが。



そして父から電話がきたことは、覚えてる限り今まで2回しかない。



一度は、この7月に同窓会しに本島に帰ってたとき。



その最終日の「トラブル」の件なのだが、気が重くてあんまり書きたくなかったんだけど…



実はその日、母親がちょっとおかしくなった。



どうおかしくなったというと…







7月の記事を見ればわかると思うのだけど、その日私と妹は妹の運転でドライブに行った。

時間にして昼の11時から夜10時くらいまでかかっただろうか。

北部から南部までパーッと走り抜け、母校の側の墓場で写真を撮ったり、近くに住む伯母の家に挨拶したりした後、妹は首里城の足元で新車の後輪を派手に凹ませ、凹んで部屋に帰ってきた、その後だった。



その日、私も妹も、二人して携帯電話を忘れて出かけていた。



帰ってきて、一休みして、ジミーで買ってきたチキンでも温めて食べようぜ~っと、

何気なく携帯を開けて妹が仰天。





「ねえ…お母さんから…ストーカー並に着信があるんだけど…」





私が電話を嫌がるのと対照的に、妹?はどんな些細なことでも逐一母に電話せねば気が済まない性質なので、私がとらない分ヤツの方に矛先が向かうことになる。

が、私も何気なく携帯を開いて唖然。





「うちもなんだけど…」





その日最後に家に電話したのは妹で、11時ごろかけて、それから忘れて出掛けた。



…と、その瞬間私の携帯が震える。





えーーーーーーいやな予感ーーーーとりたくないーーーーー





…しかし仕方ないのでとってみる。







「おい」







以外にも、父であった。





「お前、なんで電話とらないか」



「今日ケータイ忘れて〇〇(妹)とドライブ行ってて、今帰ってきたんだけど?」



「はっさ…みてみ」







その時…その時である…





背後から母の悲鳴交じりの泣き声が聞こえてきたのだ…









父「お前らのおっかー、あんまり電話に出ないから大変なってる」



母「ヒイイイイ…」←背後から聞こえる絶叫



私「はーーーーーっ!!!!?????」









って、何、何事、えええええ???



だって、出ないってゆってもたった一日で、しかも別にイラクとかチベットにいるわけでもなく沖縄にいるわけで、出掛ける前にはドライブ行くよって妹は電話してるし、

何より私…25さいなんですけどーーーっ!?

妹だって23なんですけどーーー!!!







私「はあ?ちょ…意味がわからんけど」



父「お前らが死んだと思って、一日大騒ぎだったんだよ」



私「(絶句)」







そこで、悲鳴の主が電話を代わろうとした。



イヤすぎて、妹にバトンタッチ。



そこから延々と、ありえない母の大混乱の一日の様子が伝えられた。



何でも…



私が電話に出ないので、妹にかけた。



しかし何度かけても妹も出ない。







妹「ケイタイ忘れて出掛けることだってあるさー!」



母「mekeはともかく、お前までな!?」



妹「はあっ?ちょっと、私だって忘れて出ることくらいあるよー」







昼になり、夕方になり、夜になっても二人とも電話にでない。



そりゃそうだ、忘れて出てるんだから。







母「何か事故に巻き込まれたんじゃないかと思って…」







…んなアホな…



今まで電話に出なかったことなど何度だってある。



高校の時は携帯なんて持ってないし寮住まいだったから三年間ほぼ連絡はとってない。



二・三日山に篭るから電波通じませんよ、と宣言してこっそり韓国に行ったこともある。



東京で生活してる時もほっっとんど電話なんてしなかった。



それが何故、今頃になって、何、このパニックぶりは???



妹とのやりとりを聞きながら初めは二人して爆笑してたが、そのうち不安になってきた。



そして衝撃発言。







母「警察に電話したんだよ!」



私&妹「はあああああーーーーーーー!!!???」








言葉にならないとはあの事だ。



何かもう…もう、泣けてきた。



さらに。







母「〇〇おばちゃんにも様子みるようにって電話したのに!」



妹「はっ!?じゃあおばちゃんこっちに向かってるの!?」








本島に住んでる叔母に連絡して、妹の部屋まで様子を見に行かせたらしい。



慌ててその叔母に電話し、何でもないことを伝えて謝りまくった。







妹「〇〇おばちゃんに電話したなら、なんで△△おばちゃんにも電話しないの!?

今日私とmeke△△おばちゃんのとこに遊びにいったから、確認してもらえば大丈夫ってわかるはずなのにっ!」



母「だって…」







さらにさらに。







母「もう、部屋でmekeは飲んだくれて急性アルコール中毒になって死んでて、お前(妹)はガス漏れで倒れて死んでたらどうしようかと…」



妹「どんだけ想像力豊かーーーーー!!!???(泣)」










さらに、私に代われ!と言うのを、お風呂に入ってるから!と嘘ついて必死で避けた。

妹がさんざなだめすかし、警察に電話して「ただの思い過ごしでした」と謝っといてと伝え、長い時間がたった後、父に代わった電話を私が取った。







私「頼むから…ほんと頼むから…お母さんより先に死なないでくれ…あれはヤバイ」



父「うむ…」







全く同じ事を、母方のばあちゃんが急死した夜も父に言ったっけな…



何年か前に両親二人だけで関東旅行に出かけた時、島で留守番してた弟が事故って救急車で運ばれたことがあった。



情報が錯綜し、事故の目撃者でもあった知人のおっちゃんが「弟は瀕死の重態だ」と母の携帯に電話したから、もうえらい事になった。



当然二人は大慌てで関東の山中から羽田へと向かい、島へととんぼ返りした。



その時、妹?が病院に電話をし、弟自身と電話した上で、怪我は大したことないことを確認、母にその旨を連絡した。が。







母「嘘っ!!!またお母さんを心配させないこーとして、嘘ついてるんでしょっ      〇〇(弟)は死んだんじゃないの!?本当のこと言いなさいっ」







…と、もうそれはすごい大泣きだったという。



妹曰く、今回の悲鳴も、全くあれと同じだったと…





全てが終わった後、二人ともぐったり。。



まさか今ここで、実はさっき軽く車ぶつけちゃってさ~なーんて言える訳がない。



それにしても一体、あの日彼女に何があったのだろう?



さすがに翌日、自分でもちょっと異常だったと思ったのか「夕べはごめんなさい」とメールがきた。



弟を除く女三人は高校から島を出ちゃってるし、4人とも島外を出ての生活に慣れちゃってるもんだと思ってたけど、今頃になって寂しくなったりしているのかもしれない。

更年期障害かとも思ったが、そろそろその年は過ぎてるはずだし…



何かペットでも飼えばいいのに…と思ったが、母は動物が苦手なタイプだ。



そのくせ、うちのかめこのことは割りに心配してる。





母「今ねー職場の同僚からもらったテラピア飼ってるよ、結構癒されるよw」







…コップの中でテラピア…?



それ、たぶん一般ではグッピーと呼ばれる魚だよ…





そんな繊細な母から、今夜久々に電話があった。



事件以来、いやいやながらも逐一電話は取るし、同じ話が何度ループしようともお付き合いしている。



で、最後に珍しく父に電話が代わった。







父「おい、どうですかね」



私「まあ、ぼちぼちですね」



父「お前のバイトしてる塾な、心構えみたいなのある?」



私「え?会社方針って意味?」



父「まあそんなような」



私「何、そういうの書かれたマニュアルとか社内報がほしいの?」



父「そうそう、それ、お前に言っても来年になりそうだから、 明日にでもすぐ送ってくれ」



私「いいけど、何に使うの?」







がちゃっ。



・・・



・・・



わからん・・・





前帰った時は『エミール』(ルソーの)と「類人猿の脳みそ」にはまってた父。



机の周りだけでなく、年々着実に父と同じ道を歩み始めているので…



定職にはちゃんと就かねばなあ、と思いつつ…



ついでに明日父に何か本でも送ってあげようかな。



いらん本あったらちょうだいゆってたしなー
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/359-55d6e633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぐびぐび «  | BLOG TOP |  » 通帳が無い。。

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。