2017-07

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2008.11.20 - Thu  |  本を巡って |

先日のことですが、恩師の本を購入しました。





抗いの条件―社会運動の文化的アプローチ

抗いの条件―社会運動の文化的アプローチ

西城戸 誠





「フリーター」には手痛い3,675円ナ~リ~☆

ゆってくれたら著者割で2割引で送ったのに!とおっしゃっていただきましたが、いやいやそんなわけには…(^^)

恩師、と言わせていただくのも甚だ恐縮、というか申し訳ないくらいなのです。

実は研究論文を拝見させていただくのはマジではじめてなんですよね…

サイテーな「教え子」だわ(;;)



一応大学入学時は「日本史」がやりたかったはずなのに、当時いらっしゃった某古代史教授とどーっしてもソリが合わず、さらに周りの「社会科専攻の学生」とどーーーしてもノリもソリも合わず、心身ともに放浪しきっていた頃に、先生がやってきたのでした。



それから三年間、実際指導していただいた、というより見守っていただいた、という方が正しい。



あんな「膨大な量のまとまりのないエッセイ」を卒論と認定していただき、いやそれ以前に単位とりこぼしで残留するところを叱咤していただき、好き放題やらせていただきと、本当に本当に有難いことである。。



こう、「腐ってるぜもう!」って感じの(寮生活以外の)大学生活全般において、先生の「抗う」姿勢や「真面目」に妥協しない姿だけが唯一の拠り所だったんだよなあ~



なーんてご本人を前に口にしたことは一度もないが(^^;



ついでに思い出話を続けると、



「ああこの人は信頼できる人だなあ」



とふと思ったのが、知り合って三年間、彼が一度たりとも「彼氏いるの?」みたいな、よくある学生と若手教官の馴れ合いのような会話をしないことに気づいた時でした。

さらに、社会学者らしくいろんな分野に興味のアンテナを張って「問い」を立てる姿勢は、当時も今も狭い視野に安寧としがちな私にはもの珍しく映ったものです。

…が、理解しようと試みながらも、慎重に対象と一定の距離を置く姿勢を日常生活で貫くことはなかなか難しいことだと思うのです。

その点においても、周囲のじーさんばーさん教授の中でも圧倒的に若い先生なのですが、抜群に信頼できる方だなあ、と思ってます。



…っと、まだちゃんと読んでない現在、こんなことくらいしか言えないのですが(^^;





ご専門は「社会運動研究」。



『社会運動の盛衰の要因を把握するとともに、社会運動の担い手とその担い手を生み出す構造やそのための「しかけ」を考察』



することで



『今後の社会運動(環境運動)の「かたち」を考えていく』。



その上で



『人々の「抗い」の条件や「抗い」の意味を探る』



とのこと。



…まだ序文とまとめの流し読みしかしてない段階ですが、ワクワクしますねw



なにせこういうことが起っている時代ですし。











同時代・同世代を生きる者としては、状況を分析解読する必要性をひしひし実感します。









で、実はこの本、つい先日10日に人文書院から発売されたばかりなのですが、先生曰く



「1200部しか刷ってないのに自分の街角の本屋にあって驚いた」



とのことなので、京都の本屋でどう配置されてるかも観察してきました。

新刊ということもあり、結構目立つ感じで置いてあります。

しかし、配置棚がなかなか面白い(^^)



最初に向かった京都駅南口のアバンティ・ブックセンター。

社会学コーナーにあるもんだと思って右往左往してたんですが見つからず。

業を煮やして検索機械で検索したら、「日本現代思想」コーナーにあるらしいので向かってみると。。



200811171907000.jpg



ちょっとわかりにくいのですが。

この上の上の棚には右翼本、その下に左翼本が連なるのですが、先生の本はその次の棚、池田大作と護憲論に挟まるような感じで配列されていたのでした…

な、なんでだろう、「抗う」ってタイトルのせいかしらー??



しかし、今日行った四条のジュンク堂はもっと面白い光景。



200811191553000.jpg



じゃーん



なんとマルクスの『共産党宣言』(幸徳秋水訳)の隣に…!!



面白いので、今後も大型本屋に行く機会があればチェックしてみます。
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/tb.php/262-86d7a0f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふとんが落ちる «  | BLOG TOP |  » 芋づる式に

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。