2006-10

| --.--.-- - --  |  スポンサーサイト |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| 2006.10.31 - Tue  |  失敗したエロ本、成功したエロ本。 |

・・・というお題でまた微妙な迷惑TBがこないことを願いつつ(^^;)



先週末、久々にマンガを買いました☆



最近始めたゲームの影響で、手塚治虫の『どろろ』。

来春にはお正月映画も公開されますし、手塚漫画の中では割とマイナー系ですが(たぶん)きっとまた人気出るでしょうね~(^^)

前の記事にも書きましたがこの映画、オーストラリアで撮影されてるので当時ワーホリ(という名の短期外国人労働者)やってた大学ん時の先輩がエキストラで出演してるんだそうだ(^^;)

妻夫木君はフツーにイイ男で、柴咲コウはめちゃくちゃ可愛かったらしい。



→ここから予告編が観れますよ♪





…でもってエロ本ですわ…

いや実はですね、小説サイトのお友達、れいんさんと新宿でお会いしたんですが、

まあとある企画に二人で参加するということで作品の構想等打ち合わせてきたんです。

そこで最大かつ唯一のテーマ・・・エロについて悩みひとしきりで[:汗:]

今回は「読者のニーズにきちんとお応えできるエロ」を試行錯誤で探してるんですがこれがなかなか・・・うおお~難しいぜ!!

生憎こちとら近頃当たり前の「萌え」がいまいちピンとこない人間だからさっ!!!(><;)



いや、何となく理解はできますよ。でも全てのエロ(を含めた)趣味趣向を「萌え」の一言で片付けるのってなんかイヤなんですよ・・・それだけじゃないでしょ?

でも明らかに「萌え」のキーワード、ツボってやつは存在するわけですね。

実際新宿紀伊国屋本店(初めて行きました)を巡ってると、様々なエロ本の中に「萌え小説の書き方」なんて指南本まであったりしました。

表現方法や描写の細かい点まで、「いかに萌えるか」を分析してるらしいその本…

ものすごく気になりましたが、文章表現を既存カテゴリーに依存させるのも何か気に入らないので(そんな大した追究してないですけど・・・)これは断念。

ああ、ではオリジナルのエロなんて果たして見つけられるのか?

仮に見つけたとして、それって読者の皆さんを満足させることができるのか?

ハーレクインや並み居るキオスク本棚常連官能小説作家さんたちの才能に拍手ですわ!!



えー、そうも言ってられないので、では世間にはどんなエロが受け入れられてるのか、

悩んだ我々は勉学の為と気合いれてエロ本探しにとりかかりました!!

しかしここでも新たな問題が…



*いわゆるコンビニエロ本

→じっくり選べないよ!!一応女の子だもん・・・(T-T)



*いわゆるやおい本

→絵や表現のレベル、ジャンルの広さ等々ぶっちぎりで高いレベルにありますが、いかんせんその辺りへの興味はさほどないもので。。残念!!



*ハーレクイン本

→さらに興味ない…



*レディコミ系

→絵も妄想力も大したことない…



*ティーン向けエロ本

→こんなのエロでも何でもない・・・





あああないっ!!なさすぎる!!かといってネットサーフしてる時間なんてない・・・

仕方がないので、お買い得感を漂わせつつ絶対ハズレそうな、とある分厚いレディコミ系雑誌を一冊買ってみました。

(ところでどうしてレディコミって表紙は必ず白人女性の笑顔なんでしょう??)



これが期待を裏切らない大ハズレっぷりで。



・・・もう二度と買わないぞオイ…[:ぶー:]

作家さん、本気でやる気あるんだろうか。否、絶対これ小遣い稼ぎだろってくらいレベル低い作品ばかり…

消耗品かもしれないけど、一応文化でしょう、エロも…

江戸時代の黄表紙とか浮世絵を見てみー!!

どれもこれも気合入ったエロじゃん!!北斎とかさー!!っと悶えたくなる酷い中身でした…[:泣き顔:]





でもでも、収穫だってありましたよ!

長いこと探してた、私の最も尊敬?する奇才エロ漫画家、たぶんこれから絶対評価はあがっていくはず、

中村明日美子の初期短編集、

『鶏肉倶楽部』をようやくゲットしたのです!!!

わっしょーーい!!!(^^)



この方にどっぷりはまったのは二年くらい前かなー

たまたま本屋で平積みされてた『コペルニクスの呼吸』の表紙絵に一目ぼれし、絵だけだろうなーっと思って読んでみればまあ、素晴らしくセンスのいいエロティクスワールドにメロメロですわ。

・・・残念ながらというか毎度というか、アマゾンにはこの方の作品画像がまったくござらぬ・・・[:泣き顔:]

個人のサイトで表紙スキャンして紹介してる方もいらっしゃいますが、双方の著作権もあるでしょうしコチラでのリンクは控えさせて頂きますね~[:失恋:]



ビアズリー風の妖しい絵の線の美しさもさることながら、この方の「妄想力」は本当に素晴らしい。

右も左も「萌え」の一言で丸め込めるこのご時勢、独自の世界を追究しつつしっかり読者を捕らえて離しません。

どちらかというと男の子同士のエロが主軸ですが、これたぶん「やおい」のジャンルに入るのか?入らない気がするなあ…

今月発売の「メロディ」でも連載始まってるらしいです。

まずはゆっくり、既刊の単行本を集めよう[:ハート大小:]



久々に検索したら公式サイト発見!!壁紙があるー!!!(*^^*)



→明日美子ビヨリ。







大好きなだけにあんまり人に教えたくなかったんですが…この短編集があんまりよかったもんで、ついにK氏に紹介してしまいました(^^;)



大変、ご好評いただきました。





さあ、少しでも興味をもたれた方は即効大型本屋へGO!!

たぶん近所のTUTAYAにはちょっと置いてない気がします(^^;)

コレを機にどんどん彼女の作品を布教してゆこうと思います♪
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

最新記事

プロフィール

HeartBreakGirl

Author:HeartBreakGirl
妙なauthor name↑がついてますが、mekeです☆
引き続き、日々激動する好奇心の赴くままにジャンル無節操に書き綴るブログ。

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
日常 (37)
嗜好・思考・試行錯誤 (5)
ほほほん (5)
音楽 (5)
アートいろいろ (7)
にゅうす (1)
すぽると (12)
島 (8)
旅 (1)
過去記事の坩堝 (826)

参加

人気ブログランキングへ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。